【ナンパの基本は心構え】一歩目を踏み出す勇気が大事!

ナンパの基本
彼女を作るために、女性とセックスをするために、ナンパをしようと思い立ったことが誰でも一度はあるのではないでしょうか。
でも、実際に女性に声をかけようと思っても、なかなか行動に移せないですよね。
「断られて、恥をかくのではないか?」
「周囲の目が気になってしまう。」
私も最初は同じように思っていました。

今回は、 昔の私と同じように、一歩目がなかなか踏み出せない人たちに、ぜひ知っておいてほしいことを記事にしました。
この記事を読んで、皆さんもナンパ人生の第一歩を踏み出してください。

ナンパに対する男の誤解と真実

外国人のなかには、「日本人」=「サムライ」と誤解している人がいます。
今の日本にサムライの格好をした人なんていませんが、外の人にはわかりません。
これは馬鹿げた話ですが、ナンパにおいて、男性も女性に対してかなりの誤解があるようです。
まずはそんな誤解と真実を紹介します。

ナンパされて嫌な思いをする女性は少数

ナンパは迷惑行為だと思われているようですが、これはまったくの誤解です。
たしかに、街なかでナンパをされて、嫌な顔をしている女性も見かけますよね。
これは間違ったナンパをする人たちのせいです。

  • 連絡先をしつこく聞く
  • いきなりのボディータッチ
  • 女性に汚い言葉を浴びせる

皆さんは、こんな迷惑なナンパ行為をしてはいけません。

ナンパは女性に対してのサービス

ナンパされることで、女性は自分が魅力的なのだと認識することができます。
女性はお化粧をしたり、高い洋服を買ったりして、魅力的な女性であろうと、とてつもない努力をしています。
ナンパをするということは、その努力を認めてあげることでもあるのです。
男性の皆さんも、女性から好意を抱かれれば、 嬉しく思うのではないでしょうか。
表に出さないだけで、多くの女性も同じように思っています。

女性はナンパを断らなければいけない世間体の生き物

ナンパの誤解と女性のオナニー
女性は男性以上に、世間体を気にする生き物です。
合コンなどで女性にオナニーをするか尋ねると、ほとんどの人が「しない」と答えます。
でも、匿名の調査では、大多数の女性がオナニーをしたことがあると回答しています。
このように、女性は性に対して、なかなかオープンになることができないのです。
男性でも、同様の傾向はありますが、女性には顕著にあらわれます。

ナンパに対しても同じです。
ナンパについて行きたくても、「ナンパに引っかかってはいけない」と自分を律して、 とりあえず断らなければいけないのです。
ナンパでは、このメンタルブロック開放してあげる必要があります。

ナンパの基本は一期一会を大切にする思いやり

ナンパは迷惑行為ではありません。
その日たまたま同じ場所に居合わせた男女の出会いです。

男性が声をかけなければ、その女性とはもう一生会うことができないでしょう。
でも、先ほど説明したように、女性から声をかけることはなかなかできません。
あなたの方から声をかけるのが、男としての礼儀ではないでしょうか。

ナンパは人生を好転させるテクニック

コンドーム
社会人になると、なかなか新しい出会いがありませんよね。
婚活パーティーなどに出かけるのもいいですが、毎回参加していたら結構な金額がかかってしまいます。
それに、忙しい人にとっては、決まった時間、決まった場所に合わせるのが大変です。

ナンパは、好きな時に、好きな場所で、すぐに実行できます。
慣れてくれば、友達との待ち合わせ時間の前にちょっとナンパする、といったこともできます。

声をかけるだけで、その他大勢から抜け出せる

どうしてこんなに便利なナンパを多くの人がしないのでしょうか。
声をかけるのが恥ずかしいからです。
声をかけるだけで、その他大勢の人から一気に抜け出すことができます。

モテるために頑張って働くひと、大金を使うひと、自分磨きに精を出す人など、真面目な人がたくさんいます。
でも、ナンパには才能も、お金も、時間も、必要ありません。
一歩踏み出す勇気をもつだけでセックスできるのです。

ツライのは最初だけ、やればやるだけ上達する!

そうは言っても、いきなり声をかけるのは難しいですよね。
私もそうでしたが、はじめから上手にナンパできる人なんていません。
でも、 一人目のナンパよりも、二人目のナンパの方が上手にできます。
二人目よりも三人目、三人目よりも四人目、 どんどん上達することができます。

それに、失敗したって、何かを失うわけではありません。
失うとしたら、プライドです。
ナンパをするときは、早い段階でプライドなんて捨ててしまいましょう。
自分のプライドを守るか、キレイな女性とセックスするか、天秤にかけてみてください。

下手な鉄砲も数打ちゃあたるは本当!

勇気を出して一人二人と声をかけても、うまくいかずに諦めてしまう人がいます。
これはとってももったいないです。
一人二人と声をかけられたなら、続けて10人20人に声をかけてみましょう。
どんなに熟練したナンパ師でも、100%の確率で女性を口説けるわけではありません。

それに男性側の問題もあれば、女性側の問題もあります。
たまたま声をかけた女性が、これから彼氏に会いに行くところだったとしましょう。
これはなかなか落ちませんよね。

一方で、最近彼氏と別れたばかりの女性だったとしましょう。
こちらの女性の方が、はるかに落としやすいです。
多少の推論はできますが、最終的に女性がその時にどんな心理状態なのかは、声をかけてみなければわかりません。

能力よりも回数

あなたのナンパテクニックを磨けば、一回のナンパで女性を落とせる確率は高くなるでしょう。
でも、テクニックを磨くことも重要ですが、手っ取り早くセックスをするには、回数を増やしてしまうのが一番です。

女性を落とせる確率が1%だったとしても、100人に声をかければセックスできるというわけです!
上達して、女性を落とせる確率が20%にあがれば、5人でセックスまでたどり着きます。

でも、結局のところ上達するためには、数をこなす必要があります。
とにかくトライアンドエラーで挑戦しましょう!

タイトルとURLをコピーしました